美味なウマヅラハギのキモあえ

先日、新聞にフォアグラハギなるものが出荷されるとの情報が掲載されていました。

調べてみると、このカワハギはウマヅラハギを養殖し、特別のエサを与えてキモを通常の2倍にさせたウマヅラハギのようで、キモがフォアグラのように美味だそうです。

ところで、釣り人の特権は、魚屋やスーパーでは手に入らない新鮮な魚を食べられることです。
とくに魚の内臓はアシが早いため、生で食べるには時間との勝負になります。

先ほど紹介したウマヅラハギの刺身をキモダレで食べた味は、美味しくて堪らないものでした。

ここでキモダレの一口講座。
キモはまったくの生より、少し湯通ししたほうが魚の臭みがなくて口あたりががよくなります。

このキモをすり鉢ですり、酒を一滴加えて醤油で延ばせば完成です。

ウマヅラハギは薄皮が付いていますが、素人がこの皮を剥ぐのは一仕事なので省略しましょう。
とくに臭みも無くそのまま薄くそぎ切りすれば完成です。

この身を2,3枚すくって先ほどのキモダレに付け、口に含むともう、まったくのムフフフフ状態になります。
ここに冷酒でも流し込めば・・・あとは御想像におまかせします。

このウマヅラハギは、小イワシやアジのサビキ釣りでも釣れ、細仕掛けの糸でバラさないよう磯玉は用意しておきましょう。
またグレなど上物釣りの外道としても良く釣れます。ぜひお試しください。